サイト運営者の自己紹介

皆さんはじめまして。 『元皮膚科ナースが教える!思春期ニキビを治す方法』にアクセスいただきありがとうございます。このサイトを運営している皆川カオリと申します。

 

都内にある某皮膚科に4年ほど勤務した後、結婚にともない退職して今は専業主婦をしています。↓↓↓のイラストは、働いていた当時の私のイメージです。実物より130%くらい可愛らしくしてみました(笑)

 

管理人イラスト

 

私がこのサイトをはじめようと思ったきっかけは、働いていた医院に来たある女子中学生の一言でした。その子は思春期ニキビが額や頬に広がって、顔全体が炎症で赤らんでいるような状態だったんです。

 

「ニキビに良いと聞いたことは全部試したのに、全然よくならない。もう自分の顔なんか大っ嫌いで、毎日が本当につらいです・・」

 

その言葉を聞いて辛い体験がよみがえってきました。私も高校時代にひどいニキビに悩まされ、同じように苦しんでいたからです。

思春期ニキビに悩まされた暗黒の高校時代

校庭

 

中学3年の終わりころから気になりはじめたニキビ。最初は、ポツ、、ポツ、、程度だったものが高校生になると一気に悪化!

 

額から鼻にかけてのTゾーンも、ほっぺ(頬)も、アゴにまでニキビができ、まともな部分がほぼ無いような状態になってしまいました。

 

友達とも顔を見て話すのが不安に・・・

あの頃は友達と話す時も「顔が汚いって思われているかも・・・」なんて不安になって、精神的にもどんどん悪い方向へ悪い方向へいっちゃってました。周りから見たらすごく暗い子だったと思います。

 

もちろん男子となんてまったく話せませんよ状態。恋愛関係の思い出なんぞ皆無・・。そのせいで私的には『高校時代=暗黒の歴史』なんです。

 

恋愛

 

当時は鏡にうつる自分を見るのも嫌でしたね。街を歩くときも、ガラスやミラーに自分の姿がうつらないように気を付けながら歩く、みたいな。ほとんど病気でした。。

 

ニキビで親を恨んだことも

「なんで私だけこんなに肌が汚いの・・」と親を恨んだことも。

 

今思うとホント身勝手で親に申し訳ないな~って思うけど、当時は何しろ被害者意識がハンパなくって自分の暴走を止められず・・・。「私がニキビだらけなのは両親のせい!」って本気で思っていました。

 

そんな私を扱いかねていた母でしたが、私を救ってくれたのも母の一言でした。
「絶対良くなるから!お母さんも治す方法を調べてみるから、一緒に頑張ろうね」そう言ってくれたんです。

 

親はありがたいですね。この年になってつくづくそう思います。反発ばかりしてた私を見捨てずに、一緒に頑張ろうって言ってくれるなんて・・・。それからは母と一緒にスキンケアの基礎から勉強をしなおしました。

 

思春期と大人の肌って何が違うの?
洗顔って1日何回すればいいの?
皮脂の分泌を減らすにはどうしたらいいの?
毛穴をふさぐ原因って何?
ニキビ跡を消すには何を使えばいいの?

 

ニキビができる原因や治す方法を一つ一つ理解してニキビケアを実践しているうちに、徐々にニキビが減っていきました。そして高校を卒業するころには多少のニキビ跡を残すくらいで、思春期ニキビをほぼ治すことができたんです!


私が思春期ニキビを治した方法を紹介します

私がニキビを治した方法、お教えします。

女子中学生の一言を聞いてよみがえってきたのは、学生時代の思春期ニキビのつらい思い出でした。

 

同時に「思春期ニキビに悩んでいる人に私が経験した思春期ニキビを治した方法や体験って役に立たないかな?」という思いが頭に浮かびました。

 

もともと趣味の美容やインテリアに関するブログ運営をしていたこともあり、思春期ニキビを治す方法についてWEBサイトでまとめようと思いついたんです。

 

ニキビに悩む中学生や高校生、子供のために頑張ってらっしゃるお父さんやお母さんが知りたいであろう情報、役立つ情報を発信できるように心がけていきますので、ゆっくり見ていってくださいね♪

 

>>トップページへ戻る



ページの先頭へ