ニキビの根本原因はズバリ角栓による毛穴詰まり!

ニキビの根本原因はズバリ角栓による毛穴詰まり!毎日洗顔してスキンケアも欠かさないのに、ふと気づくと鼻の毛穴にプツプツした黒い汚れが!

ニキビに悩む女性

このサイトをごらんいただいている方なら1度は目にしたことがあるはずです。

 

この黒いプツプツの正体は角栓という名のニキビの元凶ともいえる憎いヤツなんですが、角栓のできる仕組みやケアの方法って意外と知らないのではないでしょうか?

 

というわけで、ここではニキビの原因となる角栓について正しく知っていただきます!いっしょにみていきましょう。

 

 

角栓って何?

1.角栓とニキビの深い関係

ニキビの原因となる角栓

「角栓」という言葉をあたりまえのように使っていますが、そもそも角栓とは何かというと「毛穴の中に残った古い角質と皮脂がまざって半固形状にかたまったもの」のことをいいます。

 

角栓を見たことがある方は、脂のかたまりのように思われるかもしれませんが、実際は角質(タンパク質)がほとんどで皮脂は30%程度しか含まれていません。

 

お肌のターンオーバーがなんらかの理由でうまく働かないとお肌の表面に角質がたまり、そこに皮脂が分泌されてまざりあうことで角栓ができます。

 

角栓が毛穴全体をおおって毛穴をガッチリと詰まらせてしまうと、出口がふさがれた毛穴には皮脂がどんどんたまっていきます。そこにアクネ菌が住みついて大増殖すると白・黒ニキビのできあがりです。

 

ここからさらに症状が進むとついにニキビが炎症を起こし、赤く腫れたり膿んだりします。これが赤・黄ニキビの状態で、ここまでくるとニキビ跡になる可能性もでてきます。

 

以上が角栓とニキビの関係です。角栓がニキビの原因という理由がおわかりいただけたでしょうか?

2.角栓の詰まる原因とは?

角栓はホコリや雑菌を防ぐ

これまで角栓をものすごい悪者のように書いてきましたが、実は角栓はニキビに関係なくだれにでもできるもので、ホコリや雑菌がお肌内部へ侵入することを防ぐ大切な働きがあるんです。

 

ちょっとややこしいかもしれませんが、お肌にとって問題があるのは角栓そのものではなく、角栓が毛穴に詰まることなのです。

 

ターンオーバーが正常におこなわれているお肌では、角栓は自然に毛穴の外に排出されていきます。つまり角栓が毛穴に詰まる場合は何かしらお肌に問題があるシグナルということになります。

 

お肌のターンオーバーが正常におこなわれず、角栓が毛穴から外に排出されない理由としてはおもに以下があげられます。

 

  • 過剰な皮脂の分泌
  • お肌の乾燥
  • 化粧品による皮脂汚れ

 

過剰な皮脂の分泌は生まれつきの肌質もありますが、男性ホルモンの増加やホルモンバランスの乱れなども大きな原因としてあげられます。

 

また、お肌の乾燥は皮脂の分泌をうながしターンオーバーを遅らせる原因になるほか、毛穴を硬く詰まりやすくさせてしまいます。紫外線によってバリア機能が低下したお肌や敏感肌では特に注意が必要です。

 

さらに、メイク落とし・洗顔方法や洗顔料選びが間違っている場合、落としきれなかった汚れが皮脂とまざって、べったりと落ちにくい角栓となることもあります。

 

以上のことからニキビケアにとって、角栓を毛穴に詰まらせないことがとても大切なのはお分りいただけたと思います。それでは次に具体的な角栓ケアについてみていきますね。

▲ページの先頭へ

 

角栓ケアって必要?

1.やってはいけないNG角栓ケア

皮膚科に勤務していた時に、間違った角栓ケアからニキビができてしまった症例を数多くみてきました。
その中でも多かったNG角栓ケアを以下にまとめましたので、心当たりのある方は今すぐ改善しましょう!

 

  • コメドプッシャーなどの器具や指(爪)で無理やり押し出す
  • ピンセットで引き抜く
  • 毛穴パック(シートタイプ)ではがし取る
  • スクラブやメントール入りなど洗浄力の強力な洗顔料での洗顔
  • クレンジングオイルでのマッサージ

 

毛穴詰まり解消グッズや方法は、ネットで検索すれば簡単に情報を入手できますよね。しかしその多くは一時的なスッキリ感が得られるだけで、根本的な問題解決にはならないばかりか、よけいにお肌を傷つけてしまう可能性もあります。

 

ピンセットや毛穴パックなどでごっそり取れた角栓を見て病みつきになってしまう方も多いようです。でも不自然な力で角栓を抜きとられたお肌は、ダメージを受けて悲鳴を上げているんですよ。

 

無理な角栓除去方法では毛穴まわりの健康な角質層まで一緒にはがれてしまったり、毛穴の乾燥や開きの原因にもなりますし、傷がついて炎症を起こしてしまうことも考えられます。

 

また、角栓を溶かして除去する方法としてクレンジングオイルを使用してのマッサージがありますが、この方法はあまりオススメできません。

 

なぜならクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて必要な角質まで落としてしまい、乾燥をまねきお肌に負担をかけてしまうからです。

 

角栓は見た目も気になりますし、放置しておけばニキビの原因になることも事実です。

 

しかし角栓は雑菌や汚れからお肌を防御する役割も果たしています。今できている角栓を無理やり取ることはお肌にとっていいこととは言い切れないのです。

 

2.これが正しい角栓ケア

では、なにがお肌にとっていい角栓ケアなのでしょうか?

 

お肌にいい角栓ケアとは角栓を除去することではありません。お肌のターンオーバーが正常におこなわれて、角栓が自然に排出されるように肌環境を整えてあげることです!

 

ここからは具体的に正しい角栓ケアの方法についてみていきますね。角栓が詰まる原因となる肌トラブルを解消することが一番の近道です!さっそくできるところから始めましょう。

  1. クレンジング剤の見直し
  2. 洗顔の見直し
  3. 保湿の徹底
  4. 紫外線対策
1.クレンジング剤の見直し

みなさんはメイク落としのクレンジングには何を使っていますか?皮膚科勤務時代、角栓の詰まりや毛穴の開きに悩む方にこの質問をすると、多くの方がオイルやジェルタイプのクレンジングと答えていました。

 

オイルやジェルタイプのクレンジングは洗浄力がとても強く、角栓を除去することも可能です。しかし、強力な洗浄剤で根こそぎ角質層に含まれるうるおい成分やバリア成分を奪われたお肌は大慌てで修復をしなければなりません。

 

通常28~56日程かけておこなわれるお肌の入れ替えを1日でやろうとしても無理があるのは当たり前です。当然修復は追いつかず、未熟な角質や表皮細胞ができてしまいます。

 

未熟な角質や表皮細胞で構成されたお肌ではターンオーバーのサイクルは狂い、バリア機能もうまく働きません。きちんと排出されなかった角質は新たな角栓となって毛穴に詰まり、それをまたクレンジングで根こそぎ落として…。

 

その繰り返しが角栓を増大させ、毛穴をすり鉢のように広げていくこともあるのです。

 

以上のことから、角栓が気になる方こそクレンジングはミルクかクリームタイプをオススメします。
にはお肌に優しいミルクタイプがオススメですが、洗浄力が弱いという欠点があるため、メイクの濃さによってはクリームタイプを選ぶこともいいと思います。

 

そして、内容成分で注目していただきたいのが添加物が含まれているかどうかです。

 

成分表記ポイント

アルコール、石油系合成界面活性剤、防腐剤、着色料、香料、鉱物油フリーという表記があればニキビケアにも使いやすい低刺激な製品といえますので、角栓が気になる方にもオススメできます。

 

2.洗顔の見直し

クレンジング剤を見直したら、続けて洗顔についても見直していきましょう。洗顔の目的は「お肌に不要な成分を落とすこと」ですので、洗顔で角栓を除去しようと思うのは間違いです。

 

ニキビを防ぐ!ニキビを治す洗顔法>に正しい洗顔方法や洗顔料の選び方までくわしく書いていますのでぜひごらんください。

 

角栓の毛穴詰まりが気になる方へオススメなのがクレイ系の洗顔料です。クレイとは泥のことで、毛穴の汚れをきめ細やかな泥の泡が吸着し優しく洗ってくれます。

 

毛穴の詰まりにおすすめ!
クレイ系洗顔料

ビーグレン

ビーグレン

ビーグレンの洗顔料には汚れだけをキャッチするクレイ、モンモリロナイトを配合。泡立たないクリーム状の洗顔料を肌になじませて洗い流すだけ!肌に必要なうるおいや皮脂は残して、なめらかな洗い心地で人気です。

 

ビーグレンの公式ページはこちら

ビーグレンの体験談はこちら

洗顔によって角栓が水を吸って膨らむと毛穴から白く飛び出して見えることがありますが、これを取ってしまうのはNGです!取りたくなる気持ちはわかりますが無限の角栓ループにはまってしまいます。

 

しばらく時間が経つと自然に縮んで目立たなくなりますので、あえて見ないようにしてとにかく我慢しましょう。

 

3.保湿の徹底

角栓が外に排出されない原因の1つにお肌の乾燥をあげましたが、これはもう1つの原因である皮脂の過剰分泌にも影響するためすぐにでも改善すべきです。

 

乾燥の改善にはまず、保湿を徹底することが重要です。化粧水、美容液、クリームをきちんと使うことは基本ですが意外とできていないことが多いものです。

 

それぞれの保湿剤を

  1. クレンジング剤の見直し
  2. 適した順番で
  3. 浸透するよう時間をかけて行う

 

ことが大切です。

 

 

高くてもったいないから少量しか使わない


 

忙しくて時間がないから化粧水だけパパッとつけておしまい


 

といった方法では保湿とは言えません。以下の基本的なニキビケアの保湿法を参考にやってみてくださいね。

  • 化粧水やクリームなどの量は説明書通りに使う
  • 化粧水は手に広げて押しあてるようになじませる
  • 化粧水の後、クリーム(乳液)を使う
  • クリームは一方向にうすくのばし、こすらない

 

保湿剤は量が少ないと効果が十分発揮できません。高価・安価にかかわらず説明書通りの量を使いましょう。逆に多く使えばうるおいが増すということもありません。お肌が吸収できる水分は限られていますので使いすぎも必要ありません。

 

化粧水だけ、クリームだけ、という使い方はやめましょう。化粧水だけでは保湿成分が足りませんし、クリームだけでは水分が足りないためどちらも十分保湿できません。

 

化粧水は適量を両手に分け、手の広い面積を使ってゆっくり浸透させましょう。パッティングやコットンの使用はニキビケアには刺激になってしまうことがあるためオススメできません。やさしくゆっくりおこなってくださいね。

 

クリームをのばすときもやさしくていねいにおこないましょう。額・頬・鼻・アゴにわけてクリームをのせてから、こすらないよう一方向にのばします。指を往復させると刺激になりますので気をつけてくださいね。

 

また、保湿剤は成分にもしっかりこだわって選びたいものです。<乾燥肌の人向け!思春期・大人のニキビケア(乾燥肌のニキビケアにオススメの洗顔料・基礎化粧品)>に保湿剤のくわしい選び方を書いていますので参考にしてくださいね。

 

4.紫外線対策

意外に思われるかもしれませんが、紫外線は角栓の黒ずみや毛穴の開きと密接な関係があります。

 

紫外線は角栓を黒く酸化させ、黒ニキビに進行させます。また、メラニン色素が増え毛穴周囲が黒ずむと、角栓が取り除かれても黒ずみだけが残りやすいという状態になる可能性もあります。

 

さらに紫外線はお肌内部のコラーゲンを破壊してお肌をたるませ、毛穴のサイズを大きく広げてしまう原因になることも。すると毛穴に老廃物がたまりやすくなってしまいます。

 

このように、紫外線は日焼けやシミばかりでなく角栓や毛穴にも影響することがあります。季節や外出の有無を問わず、日常のスキンケアの一環として紫外線対策を行うことが大切ですね。

 

紫外線対策といえばやはり有効なのは日焼け止めです。以下は敏感肌の方のための日焼け止め選びのポイントですが、角栓の毛穴詰まりが気になる方へもオススメできるので参考にしてくださいね。

  • メイクアップ商品とは別に用意する
  • 「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」を選ぶ
  • 日常には「SPF10~25/PA++」程度でOK
  • 保存料、防腐剤などの添加物フリーを選ぶ
  • パッケージ裏の成分表記をしっかりチェックする
  • 飲むタイプと塗るタイプの日焼け止めを使い分ける

▲ページの先頭へ

 

皮膚科での最新角栓ケア

角栓を取ってはいけないとわかっていても、目に入ってしまえばつい取りたくなってしまうのが人の性(さが)というもの。わたしもついつい気になって指で押し出した経験がありますし。

 

とはいえ、角栓を無理に取ることで毛穴が炎症を起こし、さらに化膿したあげく最終的にはニキビ跡となって残ってしまう可能性も十分にあります。そんなことにならないように、どうしても角栓が気になる場合はプロに頼りましょう。

 

ここでは皮膚科で行っている角栓の毛穴詰まりを予防するケアを紹介します。角栓自体は病気ではないため、基本的に保険外診療になることが多いです。医療機関でのケアをお考えの方はゆっくりごらんいただいて参考にしてくださいね。

 

ピーリング

角栓ケアにオススメのピーリングとしてケミカルピーリングとレーザーピーリングを紹介します。

ケミカルピーリング

グリコール酸やサリチル酸マクロゴールなどのピーリング剤を使い、不要な角質を酸の力で溶かし、お肌のターンオーバーを正す手助けをします。角栓自体を根こそぎ取るのではなく、お肌自身の力を引き出す治療と言えます。

 

その方のお肌の状態によりますが、ターンオーバーの正常化には月1回の施術を3~6ヶ月かけて行うことが効果的と言われています。(ニキビの有無や肌質、季節などによっても変わってきます)費用は1回あたり\5,000~\20,000が多いです。

 

レーザーピーリング

カーボンレーザーやCO2レーザーなど様々なレーザーピーリングがありますが、お肌へのダメージが少なく角栓ケアができるものとしてオススメなのがNd:YAG(ニードルヤグ)というレーザーを使ったピーリングです。

 

Nd:YAGレーザー
Nd:YAGレーザーは真皮上層部を加熱することにより毛穴の引き締めやコラーゲンの活性化に効果があります。さらに表皮層にはたらきかけて古い角質を取り除き、お肌の代謝を促進しターンオーバーを正常に整えてくれます。

 

このレーザーは中空照射といって、お肌から1~2cm離した状態で照射するためお肌へのダメージが少なく、ダウンタイムがほとんどないこともオススメポイントです。
治療回数はケミカルピーリングと同様のことが多く、費用も1回あたり\5,000~\20,000とケミカルピーリングと同額のことが多いです。

 

イオン導入

様々な薬液(美容成分)を電気を使ってイオン化し、お肌の深層に直接届ける治療です。ビタミンC誘導体を使うと毛穴を引き締める効果やお肌の奥を保湿する効果が期待できます。

 

薬液を直接お肌に塗っていく治療のため、ピーリングとセットで行うとさらに効果が上がりますのでピーリングとあわせて3~6ヶ月ほど続けることをオススメします。

 

費用はピーリングと同額の1回あたり\5,000~\20,000が多いですが、ピーリングとセット価格が設定されていることもあります。

 

いかがでしたか?皮膚科での治療では積極的に角栓を除去することよりも、ターンオーバーを正常に整えることを重要視していることがお分かりいただけたと思います。

 

毛穴に角栓が詰まると気になって何とかしたくなっちゃいますよね。でも、ここはグッと我慢。お肌のターンオーバーが正常化すれば、角栓は自然と取れてなくなるもの。

 

正しい角栓ケアを行って毛穴の詰まりを予防し、ニキビのできにくいお肌に整えてあげましょう。効果が出るまでに最低でも1ヶ月はかかりますので(ターンオーバーは短くても28日かかりますからね)あせらずゆっくり、確実にケアしていきましょうね!

▲ページの先頭へ

 

ニキビケア商品レビュー一覧

 

最近は大人になってからもニキビに悩む人が増えています。「大人ニキビ専用ページ」もありますので、大人ニキビにお悩みならこちらも参考にしてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大人ニキビの方はこちら

 

その他のニキビケアに役立つ知識

これが思春期ニキビを予防する食事だ!食べていいもの、悪いもの
思春期ニキビでお悩みのアナタは、毎日の食事にも気を配らないといけません。「お腹が膨れれば何でもいいよ~」「好き嫌いが結構多いし~」とか適当じゃダメですよ?!

ニキビにいい食事についてはコチラ

 

 

みんなの思春期ニキビ体験談
思春期ニキビに悩んだ経験を持つ人たちの体験談です。正しい知識にもとづいたニキビケアをしていた人がとても少ないようです。ニキビを早く、確実に治すためには正しい知識にもとづいたニキビケアが大切です。

ニキビの体験談はコチラ

 

 

ニキビケアにおける基本的な洗顔法
ニキビケアの基本である洗顔について、正しい方法を紹介します。洗顔法を間違えるとニキビを悪化させたり肌環境を悪化させてしまいますから、しっかり理解しておいてくださいね!

ニキビにいい洗顔方法はコチラ

 

 

繰り返しできる思春期ニキビ その理由と解決法
治ったと思ったら次から次へと新しくできてしまう思春期ニキビ。どうして思春期ニキビは繰り返すのでしょうか?ここではニキビが繰り返し出来てしまう原因と根本から解決する方法を紹介しますね♪

ニキビが繰り返しできる理由についてはコチラ

 

 

知らないと損する!ニキビを悪化させないメイクの秘訣
従来はメイク=ニキビ悪化という図式で皮膚科の先生もメイクを控えるよう指示を出したものですが、最近ではメイクによって必ずニキビが悪化するとは言われなくなってきました。ニキビを悪化させないメイクの秘訣を紹介します。

ニキビにいい洗顔方法はコチラ

 

 


ページの先頭へ