思春期も大人も、どうしてニキビは繰り返すの?なんで治らないの??

一生懸命ケアをしてようやく治ったと思ったら、また違う場所にポツっと新しいニキビが…。何もやる気がおきないくらい落ち込む気持ち、よくわかります。わたしもそうでした。

ニキビは繰り返しやすい

やり場のない怒りにイライラしてストレスがたまり、さらにニキビが増えるという悪循環にはまってしまう方も多くいらっしゃいます。本当にツライですよね。

 

ここではそんな繰り返しニキビの原因とケアの方法を、思春期ニキビ・大人ニキビそれぞれにわけて紹介します。一緒に繰り返しニキビループをバシッと断ち切りましょう!

 

思春期ニキビの特徴と繰り返す原因とは?

思春期ニキビの特徴とメカニズム

思春期ニキビは、思春期の時期に各種ホルモンや性ホルモンの分泌が急激に増えることが影響するため、成長の過程で避けて通れない「青春のシンボル」などと呼ばれることもありました。

 

ですが、避けて通れないからと何もせずにいたら良くなるはずがありません。ここでしっかり思春期ニキビについて知り、積極的に治していきましょう!

 

思春期ニキビの特徴には次のようなものがあります。

  • おでこから鼻にかけたTゾーンに多くできやすい。
  • 皮脂の分泌がさかんになり、お肌が脂っぽく感じる。
  • 赤ニキビができやすい。
  • 12歳頃からでき始め、成人頃おさまることが多い。
  • 男女差がなく90%近くの人が経験する。

 

なぜ思春期はニキビができやすいのか?次にそのメカニズムについて簡単に説明します。

 

①男性ホルモンの増加(男性の場合)
男性ホルモンには皮脂分泌を活発にさせ、皮膚の角化をうながす働きがあります。男性は思春期に男性ホルモンの分泌が増えるため、皮脂の過剰分泌や皮膚の角化が進み毛穴がつまりやすくなってしまいます。

 

②ホルモンバランスの乱れ(女性の場合)
思春期には女性でも男性ホルモンの分泌が増えるため、生理の開始と男性ホルモンの増加によりホルモンバランスが乱れ、エストロゲンという皮脂の分泌を抑える女性ホルモンがうまく働かない状態になりやすいです。

 

③毛穴が詰まる
①、②により皮脂の分泌が増え、毛穴のつまりを起こします。

 

④炎症を起こす
つまった毛穴にアクネ菌やニキビの原因になる細菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビができる。

 

こうしてみると、思春期ニキビはホルモンにかなりの影響を受けていることがわかりますね。ここでは簡単に説明しているので、もっとくわしく思春期ニキビについて知りたい方は<思春期ニキビの原因とは?皮脂のコントロールと角質ケア>をぜひごらんください。

 

ではここからは思春期ニキビが繰り返しやすい原因について見ていきましょう。

思春期ニキビが繰り返しやすい原因

ここで紹介するのは、わたしが皮膚科に勤めていた時に患者さんの相談に乗ったり、医師の診察の補助をしていてわかった思春期ニキビが繰り返しやすい原因です。

 

思春期ニキビにお悩みの方なら、当てはまるものが多くあるのではないでしょうか?チェックしてみてください!

スキンケアの間違い

  • とにかく皮脂を落とそうと1日3回以上も洗顔料を使って洗顔している。
  • 成分についての知識はなく、とりあえずニキビ用と表記されている洗顔料を使っている。
  • 力を入れてゴシゴシこするように洗顔したり、拭いてしまう。
  • 熱いお湯で洗顔している。
  • 体育や部活など、屋外で活動する時に日焼け対策をしていない。
  • 基礎化粧品を使わずにメイクをしている。
  • メイク落としを使っていない。
  • あぶら取り紙で1日3回以上顔全体の皮脂を取っている。

保湿不足

  • 洗顔後なにもせず放置している。
  • 基礎化粧品(保湿剤)を使っていない。または化粧水のみ使っている。

食生活の乱れ

  • 1日3食のうち、いずれかを抜くことが多い。
  • 間食にスナック菓子やチョコレートなどを選ぶことが多い。
  • 飲み物は甘いもの(炭酸のジュースやコーヒーなどのなかで砂糖入りのもの)が好きでよく飲む。
  • 野菜をあまり食べない。好き嫌いが多い。
  • ファストフード、コンビニ飯、カップ麺をあわせて週3回以上食べている。

生活習慣の乱れ

  • 寝るのは深夜以降が多く、睡眠不足がち。
  • 時間があればスマホやPCをみている。
  • ほとんど運動をしない。
  • 休日は外出せず1日中家で過ごしている。

体質

  • 遺伝的にオイリー肌である。
  • アトピー性皮膚炎、または乾燥肌と診断されたことがある。
  • 敏感肌と診断されたことがある。または化粧品や衣服にかぶれた経験がある。

以上をみると、体質以外は日常生活の中に原因があると言えます。ということは、日常生活を改善すれば思春期ニキビの繰り返しを防ぐことができる可能性があるということです。

 

思春期という人生の中でも特別な時間を、ニキビで悩むことに使うなんてもったいないですよね。次は具体的な思春期の繰り返しニキビを防ぐケア方法について一緒に見ていきましょう!

▲ページの先頭へ

 

思春期ニキビループのケア方法とは?

洗顔・睡眠・食事の3本柱を大切に

正しい洗顔と保湿がすべての基本

ニキビケアにおける最重要事項と言ってもいい洗顔と保湿!正しい方法をおぼえてぜひ今日から実践してみてくださいね。

 

ニキビのできているお肌には刺激は厳禁!繰り返しニキビを防ぐためには特に注意が必要です。ニキビケアの基本的な洗顔方法については<ニキビを防ぐ、ニキビを治す洗顔法>にくわしく書いていますのでまずはそちらをごらんください。

 

そして、ここからが思春期の繰り返しニキビケアとして大切なポイントです!

 

ポイント(1) 洗顔の順番

 

意外と見落としがちですが、思春期の繰り返しニキビには洗顔時の洗う順番も大切になります。「顔は場所によって皮脂腺の分布量や皮膚の厚さが違う。」ということを考慮して洗っていきましょう。

 

『皮膚が厚く皮脂が多く出る場所』 ⇨ 『皮膚が薄く皮脂があまり出ない場所』の順に洗っていくと、お肌へのダメージをおさえながら皮脂をしっかり落とすことができます。

 

具体的には以下のような順番で、皮脂の分泌が活発な部分から皮膚が薄く乾燥しやすい部分にかけて洗っていくといいでしょう。

  1. Tゾーン(おでこ、鼻)
  2. 頬+あご(フェイスライン)
  3. 目元+口元

 

ポイント(2) 洗顔に使う水の温度

 

お肌に刺激を与えずに汚れや皮脂をしっかり落とすには、体温よりやや低めの32℃前後のぬるま湯がオススメです。40℃以上のお湯では毛穴が開き必要な皮脂や水分まで流れ出てしまい、常温以下の水では毛穴が収縮して十分に汚れや皮脂が落とせないためです。

 

特にシャワー浴のみの時は体を洗う温度のまま洗顔しがちです。そんな時は浴室に入る前に洗顔を済ませておくと、高い温度で洗顔することがなくなるのでオススメです。

 

ポイント(3) 洗顔後は即保湿

 

洗顔と保湿は別物のようにとらえられがちですが、わたしは保湿までふくめて洗顔と呼ぶようにしています。お肌をすすいでタオルで水分を拭き取ったら間髪入れずに化粧水で保湿してください。

 

水分を拭き取った後のお肌は完全に無防備な状態で、放置するとお肌の内側から水分がどんどん出ていってしまいます。それに比例して、水分を失わないように皮脂の分泌を増やすお肌自身の働きによって、毛穴がつまりやすく、ニキビができやすい状態になってしまいます。

 

逆に言えば、洗顔後の保湿を十分に行うことで、ニキビのできにくいお肌の状態を保つことができるということですね。つまり保湿はもっとも重要で1番にやるべきニキビケアと言えます。

 

適切なスキンケア商品選びも大切

プロアクティブ+

プロアクティブ+

テレビCMでもおなじみのプロアクティブ+ですが、知名度だけでなく実力もすごいんです。@cosmeのトライアルキット部門ランキングで1位になったこともあるんですよ(2016年12月現在は2位)。洗顔、保湿、トリートメントの3ステップケアでニキビ肌にアプローチ。付属の電動ブラシで毛穴に詰まった皮脂をしっかりオフしましょう!

 

プロアクティブ+の公式サイトはこちら

プロアクティブの体験談はこちら

 

お肌のゴールデンタイムにしっかり睡眠を!

ベッドに入ってもなんとなく寝付けなかったり、友達とのLINEを終わらせるタイミングが見つからなかったりで、気づいたら朝方…なんてことありませんか?たかが睡眠とあなどるなかれ!睡眠には体や頭の休息という大切な役割がありますが、お肌にもとっても影響があるんです。

 

  • お肌のターンオーバーの活発化
  • 成長ホルモンによって傷ついたお肌を修復

 

大人ニキビにはしっかり睡眠

これらのお肌にとって大切な回復機能は、実は睡眠中に働いています。「睡眠はどんな高価な美容液よりもお肌にとって効果がある」と言われているのはこのためです。これを逃す手はありませんよね?

 

そして、睡眠によるお肌への効果を高めるために知っておいてほしい重要なポイントがあります。「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがありますか?

 

「お肌のゴールデンタイム」とは寝ついてから3時間ほどの深い眠りのことで、この時間の中で特に成長ホルモンがたくさん分泌されてお肌の修復が活発にされるためそう呼ばれています。ですので寝つきを良くし、スーッと深い眠りに入れることが理想的な質の良い睡眠の1つの条件になります。

 

寝る前のスマホやPCのブルーライトやカフェインの過剰摂取は、睡眠ホルモン(体内時計を正常に保つためのホルモン)の一種である「メラトニン」の分泌を抑制しますのでできるだけ避けましょう。

 

メラトニンが不足すると、覚醒と睡眠がうまく切り替えられなくなるために睡眠の質を下げてしまいます。特にブルーライトは寝る2~3時間前まで影響すると言われていますので、スマホやPCを見る時間には注意しましょうね。

食生活の改善に取り組みましょう!

食生活も見直しましょう

思春期ニキビが繰り返す原因に「食生活の乱れ」をあげましたが、ちょっとした工夫で改善することができますので当てはまった方はぜひ試してくださいね。

 

  • 食事を抜く代わりに豆乳をコップ1杯飲む。
  • 間食には果物やヨーグルトを選ぶ。
  • 飲みものはノンカフェインのものや野菜ジュース(100%のもの)を選ぶ。
  • 野菜はニキビの薬と意識改革する。
  • ファストフード、カップ麺は連続や連日は避けて、週1回程度に控える。

 

いかがでしょうか?「これなら試せるかな」と思っていただけたらぜひぜひ実践してみてください。とはいえ食生活の改善は一朝一夕でできるものではないので無理しても続きませんし。ストレスになってしまったらかえって逆効果!できることからはじめましょう。

 

ニキビに効く食べ物や献立などは<これが思春期・大人ニキビを予防する食事だ!食べて良いもの悪いもの>にくわしく書いていますのでぜひごらんくださいね。思春期のみなさんはお家の方に見てただくこともオススメします。

 

▲ページの先頭へ

ストレス解消も大事なケア

ストレスというと大人の悩みととらえられがちですが、思春期ニキビに悩むみなさんにも十分にストレスはかかっています。学校の先生やお友達との人間関係、家族との関係、勉強に恋愛に…なによりニキビができて治らない、ということがかなりのストレスではないでしょうか?

 

ストレスは良質な睡眠をさまたげ、食欲を落とし、前向きな気持ちをおさえこんでしまいます。お肌にいいことは1つもないのでできるだけストレスはためないようにしましょう。

 

ただ、食べ物でストレス発散をするのはニキビが悪化する恐れがあるためやめておきましょう。オススメなのは軽く汗を流す運動です。ランニングやヨガやストレッチなど無理なく時間や場所を選ばずにできるものがいいですね。

 

いかがでしたか?思春期の繰り返しニキビは時間がたてば自然と治りますが、少しでも早く治すお手伝いができればうれしいです。なお、色々と生活習慣を改善してみてもニキビの状態に変化がなかったり悪化した場合は、すぐに皮膚科を受診してくださいね。

 

思春期ニキビの繰り返しによって、なかなか消えないニキビ跡ができてしまった方を皮膚科勤務時代には多く見てきました。そうならないためにも、自分でできるケアと医療機関でしかできないケアをうまく取り入れて一刻も早くニキビを治しましょう。

 

のちほど皮膚科での繰り返しニキビの治療について紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

大人ニキビの特徴と繰り返す原因とは?

ここからは大人ニキビの繰り返しについてみていきます。大人ニキビは思春期ニキビとは違い、時間がたてばよくなるということはなく、繰り返しループを断ち切るには適切な治療とケアが必要です。

大人ニキビの特徴

大人ニキビとは20歳以降にできるニキビの総称です。さまざまな原因が複雑にからまりあってできることが多いのですが、大人ニキビの特徴としては以下があげられます。

 

  • アゴに沿ったフェイスラインのUゾーンや口周りに多くできる。
  • 乾燥肌、脂性肌などの肌質を問わずにできる。
  • ニキビ跡が残りやすい。
  • 同じところに再発しやすい
  • ストレスの影響をうけやすい。
  • 生理のサイクルに影響をうけやすい。

 

大人ニキビの特徴としてポイントになるのがストレスと生理による影響です。

 

ストレスによる男性ホルモンの増加や生理周期に合わせて増減する女性ホルモンの影響で皮脂分泌が増えると、ターンオーバーが遅くなり毛穴が詰まってしまいます。そこにアクネ菌が増殖してニキビができる、という流れです。

 

皮脂の分泌が増えることでニキビができるメカニズムは、思春期も大人もいっしょだと言えますね。

 

ここではかなりざっくりとした説明にとどめますので、もっとくわしく大人ニキビについて知りたい方は<大人ニキビの原因と治す方法ーストレスとホルモンの関係を知ろう>でくわしく紹介していますので、そちらをお読みくださいね。

大人ニキビが繰り返しやすい原因

大人ニキビは思春期ニキビと違ってさまざまな原因が複雑に絡まっていることが多いので、原因の特定もとても難しいものです。そして原因の特定ができないことこそが大人ニキビの繰り返しの原因と言えるのです。

 

ニキビのできる原因を特定しないままケアをしても、その場はいったんおさまるかもしれませんがかなりの確率で再発してしまいます。また、ストレスや生理によるホルモンバランスの乱れが引き起こすお肌のターンオーバーの異常も大人ニキビの繰り返しの大きな原因と言えます。

 

▲ページの先頭へ

大人ニキビループのケア方法とは?

それではここから、大人ニキビが繰り返す原因をふまえてニキビループをどうケアしていけばよいか?についてみていきたいと思います。

 

ポイント(1) 大人ニキビの原因をつきとめ原因に合ったケアをする。
ポイント(2) お肌のターンオーバーを正常に保つ。

部位別ニキビの原因チェック

大人ニキビはUゾーンにできやすいとはいえ、顔全体どこにでもできる可能性があります。そこでニキビのできている部分に特徴的な原因を知ることであなたの大人ニキビの原因がわかるかもしれません。

 

部位別ニキビの原因はそれぞれこちらでご確認ください。

 

いかがでしたか?あなたの大人ニキビにあてはまる部位別の原因はあったでしょうか?それぞれの原因に合わせた適切なケアをすることがニキビループを断ち切る第一歩になります。一歩ずつ始めていきましょう。

ストレスとうまく付き合おう

皮膚科での勤務中、繰り返し大人ニキビに悩む患者さんのお話を伺うと、ほとんどの方が日常生活の中で強いストレスを感じていらっしゃいました。

 

そこで少しでもストレスから解放されるようにと、以下のようなアドバイスをしていましたので参考にしていただけるとうれしいです。

 

  • 自分が何にストレスを感じている(感じやすい)かを知る。
  • ストレスの原因を取り除く。もしくはストレスの原因から離れる。
  • ストレスを忘れる、と意識する。
  • 体を動かすことでストレスを発散する。
  • ストレスの原因について深く追求しない。

 

これらを実践する上で大切なのは、ストレスをなくそうとすることがかえってストレスにならないよう気をつけることです。自分にはできそうにないと思えば、すぐにやめていいんです。

 

ストレスの原因がわかるだけでも気分が軽くなることもあります。なかなか根本からの解決は難しいですが、適度にリフレッシュし睡眠と休養を大切にストレスと付き合っていきましょう。

ホルモンバランスを整えよう

ポイント(2) にあげたお肌のターンオーバーを正常に保つためには、ホルモンバランスを整えることがとっても大切です。
ホルモンバランスを正常化させるためののポイントはおおまかにわけて

  • ストレスの緩和
  • 質の良い睡眠
  • バランスの良い食生活
  • 規則正しい生活
  • 適度な運動
  • 過度な飲酒や喫煙をやめる
  • 婦人科系トラブルの改善

 

といったことがあげられます。ストレスについては先ほど書きましたが、他の具体的な方法は<大人ニキビの原因と治す方法−ストレスとホルモンの関係を知ろう>にくわしく書いていますのでぜひそちらもごらんくださいね。

 

▲ページの先頭へ

皮膚科での繰り返しニキビ治療とは?

 

繰り返しニキビのケアには日常生活習慣の改善がとても大切なのですが、なかなか自分ではケアができなかったり、ニキビがあることのストレスに限界を感じたら迷わず皮膚科を受診することをオススメします。

 

ニキビの治療は長期間にわたることが多いもの。わたしが勤務していた皮膚科では専門外来があり、そこでは通常の診察より時間をかけてニキビの治療にあたっていました。

 

かかりつけの皮膚科を見つけるには、しっかり話ができて長く一緒に闘っていけそうか、自分に合うか、というポイントが大切だと思います。

 

ここでは皮膚科での繰り返しニキビに特化した治療を少し紹介します。参考にしていただけたらうれしいです。

保険診療

ビタミンB2・B6、漢方、内服処

繰り返しニキビは胃腸の状態や栄養状態に関係していることも多いので、これらが処方されることがあります。繰り返しニキビは長期の治療になることが多いため、長期服用しても副作用のほとんどないこれらは思春期でも大人でも年齢に関係なく処方できます。

 

ご自身で購入したサプリメントやほかの薬をのんでいる場合は飲み合わせなどがあるのでかならず医師に伝えましょう。また、どの種類のお薬でもクリニックによっては保険外になることもありますのであらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

面方圧出

注射針をつかってニキビの表面に小さな出口を作り、専用の器具でニキビの中身を出します。繰り返しニキビは炎症が深くなると跡に残ってしまうことが多いので、適切な時期にこの処置をすると比較的きれいに治りやすいです。

 

ステロイド注射

大人ニキビは繰り返しおなじ場所にできやすく、炎症が深くなってしまうことがあります。その場合に炎症部分にステロイド剤を注射することで深い跡になることを防ぎます。ただしステロイド剤には副作用があるため、適切な医師の判断が必要で思春期ニキビには適応されないことが多いです。

保険外診療

保険外のホルモン剤(低用量ピルなど)や抗生物質、トレチノインの投薬(のみ・ぬり薬)があります。トレチノインはぬり方に特徴があること、紫外線予防が必須なこと、副作用により妊娠中・妊娠希望中の方は使えない、という条件があり、思春期の人には処方されないことが多いです。

 

費用はホルモン剤1クール(1ヶ月)¥2,500~、抗生物質1錠¥500~、トレチノイン1本¥2,000~が相場です。

 

炭酸ガスレーザー

CO2レーザーとも呼ばれ、レーザーの熱で皮脂腺を焼き切る治療ができます。レーザーの中でも波長が長くエネルギーも強いため、比較的重度の繰り返しニキビに使われることが多いです。治療部位は凹みのある傷になるため、傷が治るまで1~2週間ほど軟膏やテープでの保護を必要とするダウンタイムがあるというデメリットがあります。

 

費用は範囲により異なりますが¥20,000~¥50,000ほどが多いです。

 

いかがでしたか?思春期も大人も繰り返しやすいニキビにはそれぞれの原因があります。少しの生活習慣で改善できることも多いので、できるところから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?繰り返しニキビループを断ち切るまで、日々少しずつ無理ない範囲でがんばりましょう!

▲ページの先頭へ

ニキビケア商品レビュー一覧

 

最近は大人になってからもニキビに悩む人が増えています。「大人ニキビ専用ページ」もありますので、大人ニキビにお悩みならこちらも参考にしてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大人ニキビの方はこちら

 

その他のニキビケアに役立つ知識

これが思春期ニキビを予防する食事だ!食べていいもの、悪いもの
思春期ニキビでお悩みのアナタは、毎日の食事にも気を配らないといけません。「お腹が膨れれば何でもいいよ~」「好き嫌いが結構多いし~」とか適当じゃダメですよ?!

ニキビにいい食事についてはコチラ

 

 

みんなの思春期ニキビ体験談
思春期ニキビに悩んだ経験を持つ人たちの体験談です。正しい知識にもとづいたニキビケアをしていた人がとても少ないようです。ニキビを早く、確実に治すためには正しい知識にもとづいたニキビケアが大切です。

ニキビの体験談はコチラ

 

 

ニキビケアにおける基本的な洗顔法
ニキビケアの基本である洗顔について、正しい方法を紹介します。洗顔法を間違えるとニキビを悪化させたり肌環境を悪化させてしまいますから、しっかり理解しておいてくださいね!

ニキビにいい洗顔方法はコチラ

 

 

ニキビの根本原因、角栓による毛穴詰まりを防止する方法
毛穴に角栓が詰まるとニキビの原因になることは、みなさん知っていますよね。でも角栓ができる仕組みや予防法は知らない人も多いのでは?というわけで、ここでは角栓について学んでいただきま~す。

角栓による毛穴詰まりを防止する方法についてはコチラ

 

 

知らないと損する!ニキビを悪化させないメイクの秘訣
従来はメイク=ニキビ悪化という図式で皮膚科の先生もメイクを控えるよう指示を出したものですが、最近ではメイクによって必ずニキビが悪化するとは言われなくなってきました。ニキビを悪化させないメイクの秘訣を紹介します。

ニキビにいい洗顔方法はコチラ

 

 


ページの先頭へ