思春期ニキビの種類と原因は?

「ニキビは青春のシンボル」なんて言われることもありますが、統計では実に90%以上の人が思春期ニキビを経験しているというデータがあります。

思春期ニキビに悩む女性

成長のために避けて通れない道とは言っても、顔面にできるニキビは思春期のデリケートな心にマイナスに影響してしまいます。本人はもちろん、家族など周りの人もツライ気持ちになりますよね?

 

ここではそんな思春期ニキビの原因やメカニズムを知り、正しいケア方法を紹介します!正しい思春期ニキビとの付き合い方、ぜひゆっくりごらんください。

 

 

思春期ニキビの種類と特徴とは?

1.ニキビにはいくつか種類がある?

ニキビと一言で言ってもその種類は様々で、皮膚科の診療の中では呼び名も治療の仕方も全く違います。ここでは一般的に使われているニキビの種類と皮膚科で使っているニキビの種類をあわせてみていきましょう。

 

ちなみにニキビは皮膚科では尋常性ざ瘡という病名を使います。尋常性ざ瘡とは簡単に言うと「普通にできる毛穴のぶつぶつ」という意味です。病名にすると難しそうですが、意味がわかると「なあんだ、たいしたことなさそう」って思いますよね。

 

思春期ニキビの種類①:白ニキビ(閉鎖面ぽう)

白ニキビ

毛穴に皮脂や角質が詰まり肌表面にぽつっと盛り上がって見えます。毛穴はふさがっており、中身が白く透けて見えることから「白ニキビ」や「コメド」と呼ばれます。

 

痛みやかゆみはありません。

 

この段階で早めにケアすることで、ニキビの悪化やニキビ跡を防ぐことが可能です。

 

思春期ニキビの種類②:黒ニキビ(開放面ぽう)

黒ニキビ

白ニキビの状態から進むとふさがっていた毛穴が開き、コメドが酸化したりメラニン色素が生成され黒く見えます。いわゆる「黒ニキビ」で痛みやかゆみはありません。

 

この段階で放置するとそのままシミになりやすいため注意とケアが必要です。

 

①、②をあわせて非炎症性皮疹(ひえんしょうせいひしん)と呼びます。炎症を起こしていないので、毛穴の詰まりを解消すればキレイに治ることが期待できる段階です。

 

この段階で必要なケアは正しい洗顔と保湿です。あせってコメドを押し出したり毛穴パックで剥がし取ったりせず、ていねいなケアをしましょうね。<ニキビケアにいい洗顔法>をぜひごらんください。

 

白ニキビ、黒ニキビにはこちらのニキビケア洗顔料がオススメですよ。皮脂だけじゃなく毛穴を塞ぐ角質もやさしくケアできます。

 

おすすめのニキビケア洗顔料

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ

ニキビケア化粧品には珍しい「オールインワンタイプ」の洗顔料です。これ1つで「洗顔」「保湿」「トリートメント」がすんでしまう手軽さと、確かな効果を得られるとネットの口コミでも人気になっています。

 

ファーストクラッシュの公式サイトはこちら

プロアクティブの体験談はこちら

 

思春期ニキビの種類③:赤ニキビ(紅色・赤色丘疹)

赤ニキビ

白、黒ニキビの状態から進み、アクネ菌が毛穴の中に溜まった皮脂を栄養に繁殖し炎症を起こした状態です。赤くぷっくりと腫れ、見た目にはっきりわかるのが「赤ニキビ」です。

 

「ニキビ」という言葉を聞くとイメージされることの多い状態ですね。炎症の強さに比例して痛みや熱感をともない、この段階で適切なケアをしないとクレーターなどのニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

 

思春期ニキビの種類④:黄ニキビ(膿疱)

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が悪化した状態で、アクネ菌の他に黄色ブドウ球菌も増殖し膿を発生させるため痛みやかゆみがともないます。

 

溜まった膿が白っぽい黄色のため「黄ニキビ」と呼ばれます。膿をともなうため大きく目立ち、炎症がかなり進んでいるためニキビ跡が残る可能性が高いです。

 

 

思春期ニキビの種類⑤:紫ニキビ(嚢腫・結節)

紫ニキビ

赤ニキビ、黄ニキビの炎症が重症化したもので、毛穴周囲に炎症が広がり硬くしこりのある状態です。膿の中に血液が混ざり暗く紫がかってみえるため「紫ニキビ」と呼ばれます。

 

赤ニキビができやすい人ができたニキビを放っておいて悪化することが多いです。炎症が深いため治しにくく、専門的な治療が必要でダメージが大きいためニキビが治っても跡に残る可能性が非常に高いのが特徴です。

 

③、④、⑤をあわせて炎症性皮疹(えんしょうせいひしん)と呼びます。炎症をおさえるための治療が必要で、皮膚科受診をオススメする段階です。スキンケアにも注意が必要で、正しい方法や使用する洗顔料や保湿剤選びも重要です。

 

2.思春期ニキビにはできやすいタイミングがある?

思春期ニキビには春~夏にできやすく悪化しやすいという特徴があります。この時期は気温が上がり、汗とともに皮脂の分泌も増え毛穴が詰まりやすくなるためです。
また紫外線量が多い季節でもあるため、きちんと紫外線予防ができていないとニキビの原因になる可能性があります。

紫外線を浴びるとニキビができるわけ
  • 紫外線を多く浴びるとお肌が乾燥し、皮脂の分泌が増え毛穴が詰まりやすくなる
  • 紫外線により日焼けダメージを受けたお肌が修正のために一時的にターンオーバーを早め、バリア機能が弱まる
  • アクネ菌の産出する「ポルフィリン」という物質が紫外線を浴びると活性酸素が発生し、毛穴詰まりやニキビの炎症の悪化を引き起こす

 

春~夏は思春期ニキビにとって特にスキンケアの見直しと紫外線対策がキーポイントになる季節です!

 

思春期の時期は紫外線対策が十分なされないことが多いもの。本人のみでなく親御さんもぜひ気をつけて紫外線対策を積極的に行ってくださいね。

 

スキンケアの見直しと紫外線対策は<ニキビケアに良い洗顔法><毛穴詰まりを防止する方法>にくわしく書いていますのでぜひご覧くださいね。

▲ページの先頭へ

 

思春期ニキビの原因とは?

顔にニキビがある女性

1.ニキビができるメカニズム

そもそもどうしてニキビはできるのでしょうか?ものすごく簡潔に説明すると

  • 毛穴を角質がふさぐ
  • ふさがった毛穴に皮脂がたまる
  • たまった皮脂にアクネ菌が繁殖して炎症を起こす

 

という流れになります。これは思春期ニキビも大人ニキビも共通しています。では、なぜわざわざ「思春期ニキビ」「大人ニキビ」と分けて名前が付いているかというと、その時期ならではの原因があるからなんです。

 

2.思春期ニキビと皮脂の関係

思春期ニキビには次のような特徴があります。

  • おでこから鼻にかけたTゾーンに多くできやすい。
  • 皮脂の分泌がさかんになり、お肌が脂っぽく感じる。
  • 赤ニキビができやすい。
  • 12歳頃からでき始め、成人頃おさまることが多い。
  • 男女差がなく90%近くの人が経験する。

 

思春期ニキビは年齢と皮脂の分泌が大きく関係していることがおわかりいただけるでしょうか?それでは具体的に思春期ニキビの原因とメカニズムを見ていきますね。

 

男女ともに12歳ころから第二次性徴期とよばれる時期に入り、性成熟のために急激な体の変化が起こります。

 

男性ホルモン・女性ホルモンという性ホルモンが分泌され、男性らしく・女性らしく成長していくのですが、この性ホルモンが男女ともにニキビの発生に大きく関わってきます。

 

男性の場合

男性ホルモンの増加による活発な皮脂の分泌

男性ホルモンにはアンドロゲンやテストステロンといった種類があり、皮脂分泌を活発にさせ、皮膚のターンオーバーをうながしたり筋肉を作るといった働きがあります。

 

つまり男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂の過剰分泌や皮膚のターンオーバーの短縮により毛穴が詰まりやすくなってしまいます。思春期では毛穴の成長が皮脂量の増加に追いつかないことも毛穴詰まりの原因のひとつです。

 

女性の場合

ホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌の増加

思春期には女性でも男性ホルモンの分泌が増えるため、生理の開始と男性ホルモンの増加によりホルモンバランスが乱れ、エストロゲン(卵胞ホルモン)という皮脂の分泌を抑える女性ホルモンがうまく働かない状態になりやすいです。

 

また、女性は生理の前後でそれぞれエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンを分泌しますが、黄体ホルモンは男性ホルモンに似た働き(皮脂分泌増加、角質肥厚化、メラニン生成)をします。

 

思春期は生理周期がきちんと確立せず無排卵のことも多いため、バランスが乱れ黄体ホルモンが優位に立つことでニキビの原因になることがあります。
以上のように男女とも思春期にはホルモンによる皮脂の分泌増加がみられ、これが思春期ニキビの主な原因と言われています。

 

成人ころに思春期ニキビがおさまるのは、年齢を重ねホルモンの分泌が減ったりバランスが整うとともに皮脂の分泌量が減るためだと言えるでしょう。
しかし、思春期ニキビの原因がホルモンによるものだけかというとそうではありません。

  • ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れ
  • 偏った食生活
  • 紫外線
  • ヘアスタイルや整髪料、衣服や寝具による刺激
  • 間違ったスキンケアによる乾燥

 

なども思春期ニキビの原因としてあげられます。これらのケアを心がけることがニキビの発生や悪化を防ぐのにとても重要になります。

▲ページの先頭へ

 

思春期ニキビのNGケア方法とは?

1.そのスキンケア間違っていませんか?

ニキビを早く治すために良かれと思ってやっていることが実は逆効果で、ニキビを悪化させていた、なんてことがあるんです。今やっているスキンケアがニキビケアとして間違っていないか、ぜひチェックしてみてください。

 

当てはまる部分は要改善ですよ!

洗顔の間違い
  • 皮脂を落とすために1日3回以上洗顔料を使って洗顔している。
  • 力を入れてゴシゴシこするように洗顔し拭いている。
  • 洗顔の順番は頬からで最後に額を洗う。
  • 熱いお湯で洗顔している。
  • メイク落としを使っていない。

 

思春期ニキビの主な原因に皮脂があげられるため洗顔は有効なニキビケアになります。ただし、あくまで正しく洗えていることが大切です!<ニキビケアに良い洗顔法>で正しい洗顔法を確認しましょう!

 

また、思春期ニキビの洗顔は順番もポイントです。「皮膚が厚く皮脂が多く出る場所」から「皮膚が薄く皮脂があまり出ない場所」の順に洗っていくと、お肌へのダメージをおさえながら皮脂をしっかり落とすことができます。
①Tゾーン(おでこ、鼻)②頬+あご(フェイスライン)③目元+口元の順番で洗いましょう。

 

保湿不足
  • 洗顔後なにもせず放置している。
  • 基礎化粧品(保湿剤)を使っていない。または化粧水のみ使っている。

 

思春期のお肌はハリもあり皮脂も出やすいため保湿なんて必要ないと思われがちですが、そんなことはありません。年齢関係なくお肌の正常な生まれ変わりのために保湿はとっても重要です。

 

保湿の重要性や保湿剤選びなどは<乾燥肌のニキビケア>にくわしく書いていますのでぜひごらんください。

 

紫外線ケア不足
  • 日やけ肌の色が好きで積極的に日焼けしている。
  • 日常的に紫外線ケアをしていない。
  • 体育や部活など屋外で活動する時に特別に紫外線ケアをしていない。
  • 日焼け止めの選び方がわからない。

 

日焼けした小麦色の肌は健康的で明るいイメージだからと積極的に日焼けをして年中小麦肌をキープするという時代もありましたが(わたしの思春期はそうでした)、今や紫外線は百害あって一利なし!と認識が変わっています。

 

思春期ニキビにとっても紫外線ケアは重要で、ニキビの原因となる活性酸素の発生やお肌のダメージを予防する効果が期待できます。具体的には下記のような日焼け止めの使用がオススメです。

 

おすすめの日焼け止め

「UV入り」製品ではなくUV専用の製品

「ノンケミカル」「紫外線吸収剤・保存料・添加物フリー」製品

日常用には「SPF10~25/PA++」程度でお肌への負担の少ないもの

塗るタイプが使えない場合は飲むタイプ

 

スキンケア製品の間違った選び方
  • 洗顔料は「皮脂を落とす」という表記を選ぶポイントにしている。
  • メイク落としにオイルタイプを使っている。
  • ノンコメドジェニックやニキビケア製品ではないクリームをたっぷり使っている。

 

思春期ニキビにはスキンケア製品選びも重要です。皮脂の分泌が多くなりやすいため、油分の多い製品の使用は避けるべき!基本的にはノンコメドジェニックやニキビケアという表記があるものを選んでおけばOKです。

 

お母さんやお姉さんとの共用はなるべく避けて、自分に合った専用のスキンケアを用意できるといいですね。思春期ニキビにはしっかり洗浄できるのに保湿もできるこちらがオススメですよ。

 

おすすめのニキビケア洗顔料

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ

ニキビケア化粧品には珍しい「オールインワンタイプ」の洗顔料です。これ1つで「洗顔」「保湿」「トリートメント」がすんでしまう手軽さと、確かな効果を得られるとネットの口コミでも人気になっています。

 

ファーストクラッシュの公式サイトはこちら

プロアクティブの体験談はこちら

 

メイクの間違い
  • 基礎化粧品を使わずにメイクをしている。
  • あぶら取り紙で1日3回以上顔全体の皮脂を取っている。
  • メイク道具を洗わず使っている。
  • メイクとはファンデーションを塗ることだと思っている

 

学校の勉強と違ってメイクってしっかり教えてもらえないですよね?わたしもメイクを始めた頃は見よう見まねでいきなりファンデを塗ってリップで終了でした。でもそれってとってもお肌に良くないことなんです。

 

思春期ニキビを隠すための正しいメイク方法は<ニキビを悪化させないメイク法>をぜひごらんください。ニキビがあってもメイクはできる!自信を持って出かけましょう。

▲ページの先頭へ

 

思春期ニキビにオススメのニキビケア

鼻やおでこににニキビがある女性

1.生活習慣改善でニキビをケアしよう

食生活の乱れを改善!

思春期ニキビの原因に影響している皮脂の分泌量が食べ物の成分によって変わることもあるって知っていましたか?

 

たとえば砂糖。砂糖と皮脂、あまり結びつかないと思いますが、摂取された砂糖は「遊離脂肪酸」というものに分解されます。遊離脂肪酸は皮脂の分泌を盛んにする働きがあります。

 

さらに油っこいものに含まれている、動物性の油脂。これは「トリグリセリド」にというものに分解され、皮脂の材料になるんです。

 

思春期はダイエットにも興味が出てくる年頃ですが、極端な食事制限などで偏った食事をしているのもニキビケアにはNG!なんでもバランスよく食べることが大事です。

 

  • 1日3食のうち、いずれかを抜くことが多い
  • 間食にスナック菓子やチョコレートなどを選ぶことが多い
  • 飲み物は甘いもの(炭酸のジュースやコーヒーなどのなかで砂糖入りのもの)が好きでよく飲む
  • 野菜をあまり食べない。好き嫌いが多い
  • ファストフード、コンビニ飯、カップ麺をあわせて週3回以上食べている

 

といった食生活に当てはまる方は頑張って少しずつ改善していきましょう!改善の仕方は<ニキビを予防する食事とは?>を参考にしてみてくださいね。

 

自分で食生活を改善することが難しい場合は、ニキビケア用のサプリメントを取り入れることもできますよ。思春期以降の必要な栄養素をたっぷり詰め込んだ栄養機能食品取得の本気サプリ「NonA.サプリ」がオススメです。

 

ニキビ改善におすすめ「栄養機能食品」のサプリメント

Non A(ノンエー).サプリメント

Non A(ノンエー)サプリメント

ニキビ肌の人に人気の洗顔石鹸「Non A」から新たに登場したサプリメント。

 

ビタミン群だけでなく亜鉛などのミネラル、そして腸内環境を整えてくれる乳酸菌やラクトフェリンを配合。様々な角度からニキビにアプローチしてくれます。栄養機能食品を取得している本気のサプリです。

 

定期購入ならずっと50%OFF、しかも3回続けると4回目が無料!その後も8回目、12回目と無料になる、続けやすいシステムもうれしい!

 

Non A. ノンエー サプリメントの詳細はこちら

Non A. ノンエー サプリメントの体験談はこちら

生活習慣の見直しを!
  • 寝るのは深夜以降が多く、睡眠不足がち
  • 時間があればスマホやPCをみている
  • ほとんど運動をしない
  • 休日は外出せず1日中家で過ごしている

 

以上の生活習慣に当てはまる部分はありますか?

 

睡眠については<お肌のゴールデンタイムにしっかり睡眠を!>に睡眠の役割と重要なポイントをくわしくまとめていますのでごらんください。睡眠はどんな効果な美容液よりもお肌にいいと言われていますよ。

 

思春期ニキビと運動にも実は深い関係があり、運動によって起こる体の変化がニキビケアにとって重要です。体に起こる変化とは発汗、新陳代謝UP、血行促進などのことでこれらがニキビに良い影響をもたらします。

 

ニキビに良いオススメの運動は、ズバリ「有酸素運動」です。有酸素運動は活性酸素を無害化するSODという酵素を活性化させて、活性酸素から体を守ってくれます。さらに血行促進や新陳代謝UPによってお肌のターンオーバーも正常に導いてくれるんですよ。

 

また、適度な運動はストレス発散にも効果的です。ストレスもニキビの原因のひとつ!ぜひ積極的に取り入れたいですね。

 

有酸素運動というとジョギング、水泳、エアロビクス、サイクリング、ウォーキング、ヨガ、ストレッチなど様々なものがあります。やってみたい!と思うものがあればぜひチャレンジしてみてください。

 

運動のポイントとして以下のことをオススメします。毎日続けることが理想ですので、ご自身の負担にならないように楽しめるといいですね。

  • 20分程度息を切らさずに継続できる
  • 汗をかいたらこまめに拭き取る
  • 運動前、中、後にこまめに水分補給をする
  • 運動がツライと感じストレスになる場合は中止し別の方法を探す

 

有酸素運動による発汗にはデトックス(体の中の老廃物や毒素を排出させる)効果があります。デトックスによって代謝が上がりニキビケアにもなりますので、簡単なデトックス方法を紹介しますね。

半身浴

デトックスや美容効果で有名ですが、正しく行わないと逆効果になることもあります。ここでしっかり覚えてやってみてくださいね。

  1. 入浴前にコップ1~2杯常温の水を飲む
  2. 38~40℃のお湯にみぞおちまでつかり、上半身に冷え防止のタオルをかける
  3. 15分入浴し、その間コップ2杯以上常温の水を飲む
  4. 入浴後に髪、体、顔を洗って清潔なタオルで拭く
  5. すぐに保湿し体を冷やさないようにしてからコップ1~2杯常温の水を飲む

 

いかがですか?水分摂取量の多さに驚かれたかもしれませんが、水分摂取は発汗と水分バランスのために重要で、お茶やジュースでなく水がオススメです(ミネラルウォーターでなくてかまいません)。

 

湯船に浸かる時に本や雑誌を読んだり、防水ケースに入れたスマホを持ち込むのもアリですよ。すぐに時間が経ってしまってもっと長く入っていたいと思うかもしれませんが、長い入浴は逆効果!15分をメドに切り上げてくださいね。

 

2.角質ケアでツルスベ肌に!

皮脂とならんでもうひとつのニキビの原因である角質。角質はお肌の表面を覆っている皮膚の一部で、皮膚が生まれ変わるたびに古いものは自然にはがれていきます。ターンオーバーという言葉でご存知かと思います。

 

ターンオーバーにより不要な角質がしっかりとはがれ落ちていればいいのですが、何らかの原因ではがれなかったり、角質が分厚くなっていると毛穴をふさいでしまい、ニキビの原因になってしまいます。

 

スキンケアで角質ケアをするのにオススメなのはプロアクティブ+。昔からニキビのスキンケアといえば!って感じで有名な商品ですよね。

 

思春期のお肌は大人よりも薄く繊細でニキビには効果があっても刺激が強いと使えないし、保湿重視でも油分が多いとニキビができてしまうことも…。プロアクティブ+はそんな思春期のお肌にぴったりです。

 

皮脂を取り除き潤いを保つスキンケア

プロアクティブ+

プロアクティブ+

テレビCMでもおなじみのプロアクティブ+ですが、知名度だけでなく実力もすごいんです。@cosmeのトライアルキット部門ランキングで1位になったこともあるんですよ(2016年12月現在は2位)。期間限定で今ならもらえる電動ブラシは肌の古い角質や毛穴の汚れを優しくオフするのにピッタリ!コードレスなのでお風呂でも使えます。

 

ファーストクラッシュの公式サイトはこちら

プロアクティブの体験談はこちら

▲ページの先頭へ

 

皮膚科での思春期ニキビケアとは?

保険診療

ビタミンB2・B6、漢方などの内服処方

思春期ニキビは胃腸の状態や栄養状態に関係していることも多く、思春期に長期服用しても副作用がほとんどないため治療の基本に処方されることが多いです。

 

抗生物質の内服と外用処方

ニキビの炎症の度合いに応じてこれらが処方されます。種類や使用期間には症状により違いがありますが、一般的に15歳未満の場合短期少量処方が多いです。

 

*ご自身で購入したサプリメントやほかの薬をのんでいる場合は飲み合わせなどがあるのでかならず医師に伝えましょう。

 

面ぽう圧出

注射針をつかってニキビの表面に小さな出口を作り、専用の器具でニキビの中身を出します。思春期ニキビは炎症が深くなると跡に残ってしまうことが多いので、白ニキビや黒ニキビの時期にこの処置をすると比較的きれいに治りやすいです。

 

ステロイド注射

重症の赤ニキビや紫ニキビの炎症部分に直接ステロイド剤を注射することで炎症をおさえ深い跡になることを防ぎます。ただしステロイド剤には副作用があるため、適切な医師の判断が必要で適応は限られます。

 

保険外診療

イソトレチノインなどの内服処方

ビタミンA誘導体による強力な皮脂抑制効果によりニキビを改善します。日本では保険適応外で皮膚科の中でも取り扱いの有無が分かれる薬です。副作用が強いため、重症ニキビの場合に使用が検討されます。
費用は1錠¥500~が相場で、使用期間は個人差が大きいです。効果判定のため投薬前後の通院が必要です。

 

ピーリング

思春期ニキビにはニキビの種類によってケミカルピーリングとレーザーピーリングがそれぞれオススメです。

 

ケミカルピーリングは、洗うだけでは取りきれない不要な角質を、グリコール酸やサリチル酸マクロゴール酸などの酸の力で溶かし除去します。白ニキビ、黒ニキビ、初期の赤ニキビまでが適応です。

 

費用は1回¥5,000~¥20,000とクリニックにより差があります。

 

レーザーピーリングはNd:YAG(ニードルヤグ)というレーザーを使い、表皮層にはたらきかけお肌の代謝を促進します。熱による毛穴の引き締めやコラーゲンの活性化にも効果があります。

 

さらに、微小血管を加熱することで赤みや炎症中のニキビの鎮静にも効果があるため赤ニキビや黄、紫ニキビにも適応されます。費用はケミカルピーリングと同額のことが多いです。

 

イオン導入

微量の電流を使い薬液をイオン化させることで肌の奥深くに浸透させ、お肌に塗るよりも高い薬液の効果が期待できます。高い保湿効果が得られるためピーリングとセットで行うことをオススメします。

 

使用される薬液は各クリニックで違いますが、思春期ニキビにはビタミンC誘導体というお肌の中に入ってからビタミンCとして働くものをベースに、抗炎症効果のあるトラネキサム酸などがよく使われています。

 

費用はピーリングと同額が多いですが、ピーリングとセット価格が設定されていることもあります。

 

光治療

LEDやIPLも思春期ニキビにオススメです。LED治療は光をあてるだけ・寝ているだけで直接お肌に触れないため炎症が強い状態でもできるのがメリットです。

 

ただし直接お肌に作用する治療よりは効果が表れるのに長期間が必要なので、各治療の補助として使われることが多いです。

 

費用はLEDが1回¥5,000~¥10,000、IPLが¥15,000~¥30,000、が多いです。額のみ、頬のみなどパーツごとに価格が設定されている場合もありますので費用が気になる場合は問い合わせてみることをオススメします。

 

炭酸ガスレーザー

CO2レーザーとも呼ばれ、レーザーの熱で皮脂腺を焼き切る治療ができます。レーザーの中でも波長が長くエネルギーも強いため、比較的重度の思春期ニキビに使われることが多いです。

 

治療部位は凹みのある傷になり傷が治るまで1~2週間ほど軟膏やテープでの保護を必要とするダウンタイムがあるため、思春期には治療時期を選ぶ必要があります。

 

費用は範囲により異なりますが¥20,000~¥50,000ほどが多いです。

 

いかがでしたか?思春期ニキビはだれしもが経験する可能性があります。しかし、症状には個人差があり「たかがニキビ」とあなどれない重症例も沢山あります。

 

思春期の大切な時間を明るく過ごすためにも思春期ニキビを正しく理解し、周りのサポートも受けながら日常生活の中でニキビケアをしていきましょう!

▲ページの先頭へ

 

皮脂を取り除き潤いを保つスキンケア

プロアクティブ+

プロアクティブ+

テレビCMでもおなじみのプロアクティブ+ですが、知名度だけでなく実力もすごいんです。@cosmeのトライアルキット部門ランキングで1位になったこともあるんですよ(2016年12月現在は2位)。期間限定で今ならもらえる電動ブラシは肌の古い角質や毛穴の汚れを優しくオフするのにピッタリ!コードレスなのでお風呂でも使えます。

 

ファーストクラッシュの公式サイトはこちら

プロアクティブの体験談はこちら

 

【画像は@cosmeから転載したものです】

ニキビケア商品レビュー一覧

★他にもこんな記事が読まれています

ほっぺ(頬)のニキビの特徴と治し方はこちら

Click!

ほっぺのニキビの原因はアレ!頬ニキビを治す方法とは

おでこ・額のニキビの特徴と治し方はこちら

Click!

おでこを隠すと悪化する!額のニキビの原因と治す方法とは

顎・フェイスラインのニキビの特徴と治し方はこちら

Click!

顎ニキビは神頼み?!厄介なフェイスラインニキビについて

口周りのニキビ特徴と治し方はこちら

Click!

口周りのニキビはアレが原因!気になるケア&治す方法

クレーター・赤みなどのニキビ跡の予防とケアはこちら

Click!

クレーター・赤み等ニキビ跡の原因や予防・ケアする方法

ニキビ肌の正しい洗顔方法とは

Click!

それ間違ってない?ニキビケアに欠かせない正しい洗顔方法


ページの先頭へ